2021年6月4日金曜日

あかりは軽い イサム・ノグチ展

東京都美術館で開催中の「イサム・ノグチ 発見の道」展を見てきた。

出迎えてくれるのはたくさんの「あかり(Akari)」たち。

和紙で作られた150灯のあかりの、森のようなインスタレーションが、落ち着いたファンタジックさを出す。間違いなくこの展覧会で一番人気の写真撮影スポットだが、はしゃぐのではなく、静かに鑑賞したい気持ちに自然になる。

展示は3フロアにわたり、最初のフロアのテーマは「彫刻の宇宙」。インスタレーションの周りに惑星のように展示された彫刻たちは、ニューヨークのイサム・ノグチ財団・庭園美術館の他、国内の様々な美術館から来ている。

次のフロアは「かろみ(軽み)の世界」。ノグチの中であかりの「light」は軽さの「light」につながっていたことを知り、二つの言葉の重なりに今更ながらハッとする。明るさは軽く、軽いものは明るくしてくれる。なんだかとても腑に落ちる。


ここには、遊園地を作りたかったノグチの真っ赤な「プレイスカルプチュア」と、石や金属のユーモラスな彫刻群が展示され、さながら屋内版「彫刻の森」のよう。多くの作品にとてもユーモラスな名前がついている。たとえば「ジャコメッティの影」とか、「マグリットの石」とか、「宇宙のしみ」、「道化師のような高麗人参」といったものもあり、「あー、なるほどね」と、くすっと納得しながら鑑賞。ノグチのプレイフルな側面を感じる。

最後のフロアは「石の庭」(なぜかこのフロアだけ撮影禁止)。石の彫刻10点が展示され、ほとんどが香川県・牟礼のイサム・ノグチ庭園美術館から出展されている。ニューヨークと往復しながら、牟礼を日本の制作アトリエとしていたノグチの当時の映像も上映されている。

会場にあった年表が広島の原爆慰霊碑のことに触れていた。1951年に丹下健三の招きで広島を訪れたノグチは大きな衝撃を受ける。そして丹下と広島市長の依頼もあり原爆慰霊碑の制作のデザインに没頭しするが、結果的にノグチが提案したデザインは不採用になってしまう。現代ならイサム・ノグチの提案を断ったと知れたら、それこそ大議論が巻き起こるに違いないが、戦後間もなかった当時、アメリカ人であるノグチが原爆慰霊碑を手掛けることに反対の声があったのは仕方がなかったかもしれない。

その実現しなかった原爆慰霊碑のモデルは、ニューヨークのイサム・ノグチ財団・庭園美術館にある。行ける日が来たら、それを見に、そして今回の展示では見られなかった多くのノグチ作品を見に、行ってみたい。

2021年6月2日水曜日

間に合ったモンドリアン展

6月に入り、休業していた都内の多くの美術館が再開。緊急事態宣言中に終わってしまった展覧会もあるが、SOMPO美術館の「モンドリアン展」は、会期終了5日前に再開してくれた。

昨年、独立した新棟に移転・リニューアルオープンしたSOMPO美術館は、高層ビル内にあったときよりもアクセスしやすく、美術館らしくなった。

今回のモンドリアン展では、展示作品70点中の50点がオランダのデン・ハーグ美術館のもの。デン・ハーグ美術館はモンドリアンの作品を300点以上収蔵している。随分前に訪れた際、そこで見たモンドリアンの作品に「こんなのも描いてたんだ」と思った記憶がある。私を含め多くの人が「モンドリアン」と聞いて思い浮かべる、あの、直角に交わる黒い線と、赤・青・黄の原色の絵とはだいぶ違う作品もあった。一生同じ作風だけで通すアーティストなどほとんどいないので、違って当たり前なのだが、そういうのを見ると何か意外な発見をしたようで、名前でしか認識していなかったアーティストの人生に興味が湧いたりする。

SOMPO美術館でも、風景画、印象派の影響、キュビズムなどを経て、「デ・ステイル」を結成、広く知られた「コンポジション」シリーズに到達するまでをほぼ時系列で追っている。コンポジションのシリーズは最後の数点のみで、むしろそれ以外の時代の作品が中心。それがかえって面白かった。

モンドリアンは中心的な位置にいたデ・ステイルを8年で脱退している。なんでもリーダーのテオ・ファン・ドゥースブルフが、垂直・水平の線よりも「斜めの対角線のほうが重要だ」と主張し始め、それがモンドリアンとしては許せなかったらしい。

もし彼のコンポジションに斜めの要素が入っていたら、あのインパクトはなかったかもしれないし、イヴ・サンローランのドレスにもなっていなかったかったかもしれない。

この展覧会は1872年生まれのモンドリアンの「生誕150年目」を記念したもの。「生誕150周年」にあたる来年2022年には、スイスのバイエラー財団美術館で記念の展覧会が予定されている。そちらはモンドリアンがどのように作品を描いたのかとか、作品に込められた意図を探る主旨だそうで、それも面白そう。来年はスイスに行けるようになっていますように。