2019年12月15日日曜日

クリスマスに向かう街

クリスマス前のロンドン。メイフェアのホテル「Claridge's」には、クリスチャン・ルブタンデザインのクリスマスツリーが飾られ、ロビーは宿泊客以外にも記念撮影に訪れた人で賑わっていた。


ルブタンの靴のオーナメント
街はクリスマスを迎えるために綺麗に飾り付けられ、夜はイルミネーションが輝き、とても美しい。

そして、びっくりするほど人が多い!

12月初旬のロンドンでは、ショッピングストリートはクリスマスのための買い物客でごった返し、車も渋滞、地下鉄に乗れば朝の銀座線のような混雑。

まるで、毎年必ずテレビ中継が入る「年末のアメ横」さながらだった。

日本でもクリスマスはもはやドメスティック行事の一つとして定着しているが、クリスマスを迎えるの準備の盛り上がりでは、ヨーロッパにはかなわない。


一方、前述のアメ横然り、初詣の明治神宮然り、お正月関連の人出は必ずニュースになる。年越しそばの天ぷらや、おせちの卵焼きを買うためにデパート開店前から大勢の人が並び、1時間、2時間待って買って帰る。これだけオンラインでできることが増えた今でも、ことお正月に関しては、日本人のDNAに「リアルな体験」が組み込まれているんじゃないかとさえ思う。同じことがヨーロッパの人にとってのクリスマスにも言えるかもしれない。

そんなお正月を前に、比較したら控えめな日本のクリスマスも、人々がフルスイングで臨むヨーロッパのクリスマスもどちらも、街はきらめき、人々はちょっと浮足立ち、旅していても心が躍る。



2019年12月14日土曜日

「岩窟の聖母」デジタル体験

レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年の今年、パリのルーヴル美術館など各地で関連の展覧会が開催されている。ロンドンのナショナル・ギャラリーでも、同館が保有する「岩窟の聖母」をフィーチャーした展示が行われている。


「Leonardo: Experience a Masterpiece」と題されたこの展示は、デジタル技術を駆使し、「ダ・ヴィンチのマインドを通して傑作『岩窟の聖母』を探求する」という試み。常設展示なら入場無料のところ、この作品たった一点を膨らませて20ポンド(約2900円)も取ろうというのだから、かなり意欲的なプロジェクトである。

結論から申し上げると、なかなか面白かった。ダ・ヴィンチがこの作品を制作する際にモチーフにしたと思われる風景の投影に始まり、次のアトリエを再現したスペースでは、キャンバスや壁に映像やテキストが投影され、赤外線で見た下絵や、ルーヴル版とロンドン版の二つの「岩窟の聖母」の驚くべき類似性も確認できる。


ハイライトはもちろん、本物の「岩窟の聖母」。ロンドン版のこの作品がもともと飾られていたミラノのサン・フランチェスコ・グランデ教会の祭壇をデジタル画像で再現し、その中央に作品を置き、両脇には当時あったとされる天使の絵が投影される。当時この作品が飾られていた様子が少し想像できる。


こうして映像を中心とした現代の技術で作品のコンテクストを説明する手法は、近い将来、オーディオガイドに代わる存在になるのではないだろうか。ARの技術で、本物の作品を見ながらその周辺情報を再現・提供することが、美術館の新しい役割になるのかもしれない。
礼拝堂の構造を空中に投影したもの

パリのルーヴル美術館でのダ・ヴィンチ展では、もう一点の「岩窟の聖母」を含む、空前絶後と言われるラインアップのダ・ヴィンチ作品が展示されているが、会期終了までチケットは売り切れ。今、ダ・ヴィンチを見たければ、ナショナル・ギャラリーに行けば、作品は一点だけだが、コンテクストも含めてじっくり鑑賞できる。



「オラファー・エリアソン: In Rael Life」展

ロンドンのテイト・モダンで開催中の「Olafur Eliasson: In Real Life」展を見た。

エリアソンと言えば光と色を使ったインスタレーション作品の印象が強い。2003年にここテイト・モダンで彼が手掛けた「Weather Project」では、人工のオレンジ色の太陽と霧を出現させ、大きな話題となった。今回は1990年から約30年間の40作品を展示した回顧展のスタイルを取っている。


最初の「Model Room」では、、彼のこれまでの作品で使用された様々な型のモデルが並ぶ。時節柄、クリスマスオーナメントを思わせる。


初期の作品の中で人気なのは1993年の「Beauty」。暗闇の中に霧のカーテンが浮かび上がる。


体験型作品の極みは「Your Blind Passage」。色がついた霧が立ち込める通路をひたすら進む。1m先にいる人の影さえはっきりしない濃い霧の中で、自分もが霧の中に消えて行きそうな気になる。結構シュールな感覚。


また、彼が90年代から作り続けているカレイドスコープのシリーズには、理屈抜きで見入ってしまう。


今回の展示で、エリアソンの環境問題への取り組みを改めて知ったのは、彼が子供時代から訪れているアイスランドの氷河の消失を示す写真作品を見たとき。


対になった写真が並び、それぞれ左が20年前、右が現在で、同じ位置から撮影している。明らかに氷河が消えていっているのが分かる。子供のころから当たり前のように接し、永遠にあるものだと思っていたものが、そうではなかったことに、エリアソンはショックを感じたそうだ。

視覚的にはいわゆる「エリアソンらしい」作品ではないが、私はこの作品が最も印象に残った。そして光も、霧も、水も、常に同じはないことを、彼の作品に意識するようになった。




サン・ポール・ド・ヴァンスとマーグ財団美術館

仕事で南仏のカンヌを訪れた後、ニース空港へ向かう途中で、付近の気になるアートスポットに寄ってみることにした。

最初に目指したのはカンヌから50分ほどのヴァンス(Vence)にあるRosary Chapel。一般的には「マティス・チャペル」と呼ばれるアンリ・マティスが装飾を施した礼拝堂。しかし、行ってみると残念ながら閉館中。毎年この時期は閉めているらしい。

外見だけでも、マティスらしい遊び心が感じられる。内部はステンドグラスから差し込む光が大理石の床に反射し、それは美しいと聞く。今回は外から眺めて想像するに留める。

ここで、地元出身で以前はガイドをしていたというドライバーのオリヴィエさんに、サン・ポール・ド・ヴァンスと、マーグ財団美術館に行くことを勧められた。違う美術館に行くつもりでいたが、いずれも気になっていた場所なので、お勧めに従うことに。

中世の要塞都市だったサン・ポール・ド・ヴァンス(Saint-Paul de Vence)は、小高い丘の上にある。シャガールが20年間暮らしたことでも知られ、多くのアーティストや詩人、映画関係者たちを惹きつけてきた。

城門を入り、石畳の細い道を歩き始めると、道の両側のほぼすべての店と言っていいほどアートギャラリーが並んでいる。こんなにアートギャラリーが多い町を見たことがあっただろうか?


ローカルアーティストから巨匠まで、ラインナップもテイストも店によって違うが、それぞれに味がある。


マーグ財団美術館(Fondation Marguerite et Aimé Maeght)は、サン・ポール・ド・ヴァンス旧市街から10分ほどの高台にある。フランスで最初の私立アート財団で、ヨーロッパの近現代アート作品13,000点以上という卓越したコレクションを持つ。創立者のエメ・マーグ氏は、20世紀を代表する多くのアーティストたちと親交があった。彼はミロ、レジェ、ブラックの3人とともに、もともと美術館としてではなく、アーティストが集う場所としてここを作った。建物と庭園は20世紀のスペインの著名な建築家ホセ・ルイ・セルトの設計。

南仏の自然に囲まれ、明るい屋内と、彫刻が並ぶ庭園が一体となったこの場所は、ルイ・ヴィトンのファッションショーの会場に選ばれたこともある。屋内外の作品は、各アーティストが設計者のセルトと相談しながら、建物と自然に溶け込むように制作した。

屋内ではミロ、ブラック、レジェ、シャガールなど充実したコレクション作品の他、Ra'anan Levyというイスラエルのアーティストの企画展示があった。



中庭にはジャコメッティの「歩く男」が。こんなに爽やかなジャコメッティは、ここと、デンマークのルイジアナ美術館でしか見たことがない。


建物の後ろは「ミロのラビリンス」という、ミロの彫刻とセラミック作品が点在するスペース。ここもミロ自身がデザインした。


マーグ財団美術館の素晴らしさは、展示作品の充実だけでなく、20世紀を代表するアーティストたちの黄金期のユートピアを想像させることだと思う。観光客を意識した庭園美術館とは違う、アーティストたちの自発的なエネルギーが調和した、稀有な場所である。

次回はもっと時間を取って再訪したい。


2019年11月4日月曜日

リヨン ノートルダム大聖堂

リヨンのノートルダム大聖堂は、ベルクール広場のルイ14世の像が見上げる丘の上にそびえ立つ。街のどこからも見える大聖堂を初めて見たときは、お城かと思った。


フルヴィエール大聖堂とも呼ばれるこの聖堂が建てられたのは1872年から84年にかけてのこと。1870年の普仏戦争の際、迫りくるプロイセン軍を前に人々が丘の上で祈りを捧げたところ、軍が撤退していったことから、聖母マリアへの感謝と、社会主義に対する勝利の記念を込めて献金で建てられた。


内部は華麗で美しい装飾が施された、それは見事な空間。戦争の終結を喜ぶ人々の気持ちが、多額の献金を集めたことがわかる。


ステンドグラスやモザイク画はその後も手が加えられ、1964年にやっと完成したそう。

聖堂のある丘からはリヨンの街を一望できる。多くの人がここまでケーブルカーで登り、帰りは旧市街まで坂道を下っていく。


初めて訪れる街で高いところに登ってみるのは、得てして悪くない。


2019年10月27日日曜日

リヨン・ビエンナーレ2019

美食の街と言われ、世界遺産の旧市街を持つフランス第2の都市、リヨン。ここで15回目となるビエンナーレが9月18日から2020年1月5日まで開催されている。

リヨンビエンナーレは、ヴェネチアなどとともに「5大ビエンナーレ」の一つに数えられるとされている。今年は観光地からは少し離れた、家電メーカーのFagorの古い工場をメイン会場とし、規模を拡大した。展示はFagor会場の他、MAC(現代美術館)やいくつかの市内の会場にまたがる。


テーマは「水がほかの水と交わる場所(Where Water Comes Together with Other Water)」。世代、国、性別のバランスをとって選ばれた約50人のアーティストが参加している。




仏画を学んだタイのアーティストの作品。トンネル内の壁画。
私はメイン会場のFagorとMACしか見ておらず、全く個人的な感想でしかないが、いくつか目を引く作品はあったものの、あまり入っていけなかった。そもそもFagorのサイトは廃工場だったため、外壁、内壁ともに落書きがすごくて、すさんでる感じなのだ。そんなすさんでる場所で見るアートは、よほど美しいものでないとエネルギーを奪われる気がする。


体育館のようにだだっ広い会場に作品が展示されていて、「実験室?」と思うような感じでもあった。

アートの定義は人それぞれだし、何を美しいと思うかも個人の勝手だが、少なくとも人がアートと感じるためには、美しいか、面白いか、すごいか、どれかの要素が必要だと思っている。説明書きをどれだけ読んでも意図がよくわからず、直感的に響くものがなければ、その人にとってはアートではない。そしてそれは見る環境にも左右される。

箱の力で作品を底上げできるとも、そうするのがいいというのでもないが、わざわざ世界遺産都市のリヨンで開催する2年に1度のアートの祭典なのだから、会場の選定も含め、街のアイデンティティがポジティブな形で反映されているともっといいと思った。ひとりの観光客として。

ビエンナーレを見た後、リヨンの美しい旧市街を歩きに行った。


カルミニャック財団美術館

ポルクロル島という地名を聞いたことがあるでしょうか。

南仏の町イエール(Hyeres)からフェリーで20分のこの島に、素晴らしい美術館がある。2018年にオープンしたカルミニャック財団美術館(Fondation Carmignac)は、自然とアートと建築が融合した、まさにデスティネーション・ミュージアムと呼べる場所だ。

ポルクロル島は地元の人にとっては気軽なリゾート地で、朝のフェリーは家族連れで一杯だった。上質なワインの産地でもあり、最初にコート・ド・プロヴァンスのワインに認定されたうちの一つ。


カルミニャック財団美術館は港から徒歩で10分くらいのところにある。レンタサイクルで散策するファミリー客を後目に、舗装されていない坂道を静かなほうに歩いていく。もっと大々的に案内看板が出ているかと思ったが、時々「現代美術館まであと0.2km」と小さく表示されている程度で、実に目立たない。





たどり着いた美術館の入口は、ひっそりとした森の入口のようだった。


自然の保護に取り組んできたポルクロル島において、この土地も国立公園に指定されている。その広大な敷地の中、庭園やオリーブ畑に囲まれる形で小さなヴィラがある。


そもそもここが美術館になったのは、財団の長であるカルミニャック氏が、ヴィラの元のオーナーの娘と俳優のジャン・ロシュフォールの結婚式に出席した際、この場所に一目ぼれしたことに始まったそう。カルミニャック氏はここを買い取り、アートサイトに転換するのだが、小さなヴィラでは作品を展示するスペースが足りず、また国立公園なので、建物の面積をただ拡げるわけにもいかない。そこで自然の面積を減らすことなく、ヴィラに面積2000平米の地下室を作り、広い展示スペースを実現した。

地下とはいえ、天井に大きなガラス窓を設け、その上に水を張ってあるので、地下とは思えない明るく柔らかい光が差し込む空間になっている。
この日はたまたま撮影をしていたため水の中に入っている人がいた

美術館は4月から11月初めまでのみ開館し、展示内容は毎年変わる。入場は30分ごとにずらし、各回50人までに限定。入口で靴を脱ぎ、石の床の感触を感じながら階下に降りていく。


展示は財団のコレクションを中心に、マックス・エルンスト、ロイ・リキテンシュタイン、エゴン・シーレ、ゲルハルド・リヒターなど、20世紀のアーティストの作品がメイン。今年はイギリスの女性現代アーティスト、サラ・ルーカスの特集もあった。


スペインのミケル・バルセロの作品が展示された「チャペル」は、床に寝転がって、海に囲まれた感覚で鑑賞できる癒しのスペース。


でも何よりこの美術館を特別な場所にしているのは、その庭園。建物を出て、向こうに海を臨む庭園を見下ろしたとき、なんとも言えないすがすがしい気持ちになったのだ。ここはパワースポットでは?とさえ思ったが、そうでなかったとしても、美しい場所なことは間違いない。


あちこちに隠れたアート作品を探しながら、ススキの茂る散策路を歩いて廻るのも、ちょっと楽しい宝探し気分になれる。



2時間くらいの滞在で、自然とアートを満喫した。

イエールもポルクロル島も、日本からの旅行先としてはポピュラーではないが、カルミニャック財団美術館は、わざわざ足を延ばす価値がある。春から秋の南仏旅行の際は是非、日程に加えることをお勧めしたい。