2022年4月29日金曜日

アルテピアッツァ美唄

新千歳空港から電車で約1時間半、北海道の美唄市へ。かつて炭鉱の町として栄えた美唄には美しくエンターテイニングなアートパークがある。

「アルテピアッツァ美唄」は、美唄出身で現在はイタリアを拠点に活動する彫刻家・安田侃が、廃校になった小学校の跡地を再生した美術館。


安田氏の作品は、都内でも東京国際フォーラムなどあちこちで見られる。なめらかなラインの大理石の大きな彫刻は、ビルに囲まれた都会の慌ただしさにも我関せずといった感じで、すべすべと泰然としている。そんな作品たちは自然の中ではどんな風にしているのだろう?

アルテピアッツァ美唄には、広い敷地に校舎と体育館だった二つの建物が残り、その内外に合計40点ほどの安田氏の作品が展示されている。ここにはいくつかの魅力的な要素がある。


要素1)絵になるシュールな風景

何といっても自然と、その中にある作品の数々が美しい!


少し斜面を登ると、林の中に大きな門のような彫刻が。突然現れた異次元の入口のような光景にしばし釘付け。くぐったら戻れるだろうか?

要素2)宝探し

彫刻の立場から言うならかくれんぼ。起伏がある土地は一目で見渡すことはできず、地図を見ながら作品を探して歩くが、それでも見落とすこともある(実際、帰ってからひとつ見逃していたことに気付いた)。

閉園寸前だった幼稚園がまだここにあった1980年代、安田氏は子供たちが喜ぶ広場を作ろうと、作品を一つ一つ増やしていったという。だからきっと子供たちが探す楽しみも意識していただろう。林の中にひっそりといる彫刻は、見つけてもらうのを待っていたようにも見える。都会で見せるクールさに対し、ここの作品は人懐っこい(気がする)。


要素3)自然散策

もちろん北海道の自然を除いては語れない。アップダウンがあり舗装されていないところを歩くので、スニーカーなどの靴で行くことが必須。ちょっと草むらに入ると「熊生息地」の看板が。え!ここで熊!?と、ちょっとひるむが、すぐ先に見える作品を目指して、わざと足音を大きくたてながら歩いて行く。自然の中での危機管理は忘れずに。


要素4)レトロな建築

炭鉱時代の遺産の古い体育館を使ったアートスペースと、校舎だったギャラリーは、いずれもいい味を出している。ちょうどギャラリーでは安田氏の1970年代のシルクスクリーンの企画展をしていた。自身の彫刻作品の形に色をつけたもの。あまり目にすることはない貴重な機会だった。



訪れたのは4月の終わり。アルテピアッツァにはまだ一部雪が残っていて、桜はこれからだった。日本は広い。

美唄は今ではアスパラや米を作る農家が多いとタクシーの運転手さんが言っていた。運転手さんは「田舎でしょう?」と言ったが、こんな素敵なアートパークがある場所は、日本全国でもそう多くはないと思う。



2022年3月15日火曜日

Vison 三重に生まれた「美しい村」

三重県多気町の話題の最新リゾート施設、Vison(ヴィソン)を訪れた。

伊勢神宮から車で30分弱のところにできた「美しい村(=びそん)」は、地域活性化の一大プロジェクト。山を切り開いた広大な敷地に、真新しいホテル、お店、レストラン、マルシェ、温浴施設、農園などが入る。


注目のコンセプトは「サン・セバスチャンの食」。サン・セバスチャンはバラエティ豊かなピンチョスが並ぶバルがひしめき合い、ミシュラン星付きレストランの数は人口比で世界一という、スペイン・バスク地方の美食の街。Vison内の「サン・セバスチャン通り」と名付けられたエリアには現地から誘致したバルが3軒。ホテル内にもファイン・ダイニングのバスクレストランがある。でもサン・セバスチャンをそのまま輸入しましょうというのではなく、三重県の豊富な海と山の食材を活かし、ここならではの日本のバスク料理を目指しているのがいい。元祖サン・セバスチャンの夜ほどの賑やかさはないけれど。

食に関連した他のエリアには、地元の新鮮な野菜や海産物を売る市場「マルシェヴィソン」や、苺の栽培ハウスを併設した「スウィーツヴィレッジ」、そして「和ヴィソン」がある。和ヴィソンには鰹節、昆布、味噌、醤油、みりん、酢といった和食に欠かせない基本アイテムの専門店が集まる。製造工程を見せるお店もあり、ちょっとした和食テーマパークみたい。

Visonは県内や東海・近畿地方から来る人が大半で、平日でもカップルや家族連れが多かった。正直なところ東京からはアクセスがいいとは言い難く、どうやって行っても片道5時間程度はかかる。それでも東京を含む全国から人が訪れていると聞く。

産官学連携のスマートシティ構想の中核としても注目されるVisonでは、医療・健康やモビリティも重要な要素。お勧めは温浴施設「本草湯」。多気町は昔から薬草の町として知られていたそうで、ここでは三重大学とロート製薬が連携して開発したという、聞くだけで効能ありそうな薬草湯に入れる。露天風呂も気持ちがいい!七十二候に合わせたレシピが約5日ごとに変わり、行ったときは海藻とタンポポのお湯だった。トリートメントを受けられるスパも併設されているので、のんびりと半日過ごしてもいいかも。


モビリティについては、免許不要のキックボードと要普通免許の三輪電動バイクがレンタルできる。広いリゾート内ではキックボードを利用する人が多かった(しかし65歳以上は利用できないという意味不明な年齢制限はやめたほうがいい。何のためのリゾート内モビリティ???)

リゾート施設としての商業的成功だけでなく、長期ビジョンでの地方創生を目指しているVison。自動運転、地域通貨、遠隔医療などの構想も進む。まだピカピカ感がまぶしい建物やホテルが小慣れてきた頃、最先端の「美村」は更に楽しく住みやすい場所になっているに違いない。


2022年2月18日金曜日

ゲルハルト・リヒター「Abstrakt」展 

今年(2022年)2月9日に90歳の誕生日を迎えたゲルハルト・リヒターの個展が、翌日2月10日に1周年を迎えたエスパス・ルイ・ヴィトン大阪で開催されている。

「ルイ・ヴィトン メゾン大阪御堂筋」の建物を見たとき、ああ、やっぱりパリのルイ・ヴィトン財団美術館に似てる、と思った。でもよく考えると、大阪は青木淳、パリはフランク・ゲーリーの設計。調べてみると共通点は船のイメージだった。大阪は菱垣廻船から着想を得たそう。

5階のエスパス・ルイ・ヴィトンの入口ではゲーリーのロゴ彫刻が輝く。


「Abstrakt」と題された今回のリヒターの個展は、初公開のものも含め、ルイ・ヴィトン財団のコレクションから選んだ大型でインパクトある作品が並ぶ。油彩、ペイントした写真、ガラスに流した絵の具など、リヒターの様々な手法、様々なテクスチャーの作品がピックアップされている。そして意外なほど明るい色のものが多い。リヒターが惜しみなく色を使うようになったのは1979年とのことで、展示はそれ以降の作品に集中している。



6月からは東京国立近代美術館でリヒターの生誕90周年・画業60周年記念の大規模な回顧展が予定されている。そちらはリヒター自身が愛蔵してきた作品が中心とのこと。二つの展示を併せて見ると、視点がプラスされて更に面白いかもしれない。(「Abstrakt」展は2022年4月17日まで)


2022年2月15日火曜日

大阪中之島美術館

大阪中之島美術館へ。2022年2月2日にオープンしたばかり。


この美術館に関して枕詞のように語られるのは「構想から約40年」という準備期間の驚くべき長さ。1983年に大阪市制100周年記念事業の一つとして「近代美術館を作ろう!」という構想を発表。その後、バブルがはじけたり財政が悪化したりでなかなか進まず、100周年(1989年)どころか130周年も過ぎてしまったが、その間にコレクションは着々と蓄積されてきた。

オープニング記念展は「超コレクション展 99のものがたり」と題し、6000点以上の収蔵作品から約400点を公開している。「99のものがたり」というから100点くらいの展示かと思っていたら、QRコードでアクセスできるストーリー解説を加えたのがうち99点ということだった。

作品の年代は19世紀末から20世紀後半に集中しているが、横幅はすごく広い。展示は3章に分かれ、第1章はコレクションのベースになった寄贈作品や大阪と関わりがある作品。佐伯祐三が大阪生まれだったと改めて認識した。白隠、マリー・ローランサンなどに続き、日本画、写真、版画などが並ぶ。第2章はマグリット、ジャコメッティ、バスキアといった超メジャーな近現代美術。そして第3章はデザインで、ロートレックあり、バウハウスあり、赤玉ポートワインあり。オープンしたての美術館でこの内容とボリュームは圧倒的。「すごいでしょ」という感じが伝わって来る。

最初の構想が「近代美術館」で良かったと思う。「近代」の定義は40年経ってもそれほど変わっていないが、収集している間に変わってしまったらもっとややこしくなっていただろう。現在の収集方針は近代と現代の美術作品をカバーしており、パブリックスペース等に設置された大型の彫刻はコンテンポラリー感ありありなものが目立つ。「現代」は時が経てば「近代」に融合されていく。

オープンが今になって良かったことのもう一つは建物。真っ黒なキューブ型の建物は、40年前やバブル期だったらありえなかったと思う。内部は吹き抜けのフロアを2階から4階まで貫くエスカレーターが入場と退場の導線を分け、直線で構成されたスタイリッシュな空間。展示室に真直ぐ上昇していく感じが期待感を高める。


かなり見ごたえがある展示だったが、披露されたのはコレクションの10分の1にも満たないのだから、これからの企画も楽しみ。すぐ隣は国立国際美術館で、中之島全体をクリエイティブ・アイランドとして打ち出すプロジェクトもある。これからの大阪はアートとデザインの街としても注目!


2022年1月23日日曜日

ミケル・バルセロの海

数年前に、あるアーティストが手掛けたマヨルカ島の礼拝堂のことを知った。写真で見る礼拝堂は、それが属するパルマ大聖堂の大きく荘厳な外観からは想像もできない、生きているような奇妙な壁画、いやむしろ壁彫刻に覆われていた。人の顔が浮き出ていたり、魚が口を開けていたり、ややグロテスクでさえあったが興味を惹かれ、いつか見に行ってみたいと思っていた。

行く機会をつかめずにいるうちに、どこにも行けなくなってしまい早2年。ああ、いつになったら行けることやら、と思っていたら向こうから来てくれた。聖堂が来たのではなく、やってきたのはミケル・バルセロ(Miquel Barceló)の日本初の回顧展。日本各地を巡回した後、東京で開幕した。(よくぞやってくれました!)

マヨルカ島出身のバルセロの、エネルギー溢れる作品が約90点も。海、魚、動物、大地、自然など、彼がずっとテーマにしてきたものたちが多様な形態や技法で表現されている。

壁には大型の絵画作品が並ぶ。「絵画」と言ったが、バルセロにとって絵画、彫刻といった区別は意味がなく、陶芸も絵画の延長と考えているらしい。遠くから見ると油彩に見える作品も全て「ミクストメディア」と記載されていて、近づくと厚塗りの絵の具に何か物質が埋め込まれていたり、キャンバスの布地が波打っていたり、立体的に表現されていることに気付く。

中でも海を題材にしたものが目に付く。キャンバスの表面を床に向けて吊り上げ、重力で絵の具をつらら状に固めた「小波のうねり」は、見る方向によって異なる海の波の表情を表現した意欲的な作品。地中海の島で育ったバルセロにとって、海は常にインスピレーションの源泉だったことは想像に難くない。海は生命の源として描かれている。

以前訪れたフランス・ポルクロル島のカルミニャック財団美術館にも、バルセロの海の壁画に捧げられた一室があった。明るい外光が射す部屋で、鑑賞者は床に置かれたクッションに座ったり寝転んだりして絵を見上げる。オランジェリー美術館のモネの睡蓮の部屋のバルセロ版と言えるかもしれない。美しいというよりユーモラスな海の生物たちに囲まれた部屋で、なぜか神聖な空気さえ感じた。海の精でも宿っていたのかしら。

カルミニャック財団美術館のバルセロの部屋

一方、アフリカの人々を描いた水彩画は、ファッション誌のようにカラフルでスタイリッシュ。バルセロの幅の広さを実感。テイストは全く違うけれど、大胆なタッチでバイタリティーを表現している点では他の作品に通じるものがあった。

この展覧会だけでも見ごたえ十分だったが、パルマ大聖堂もますます見たくなった。バルセロがパルマ大聖堂で描いたのは、キリストが少しのパンと魚を大勢の信者のために増やした奇跡。彼のダイナミックな手法で奇跡がどう昇華されているのだろう。早くマヨルカ島に行ける日が待ち遠しい!



2022年1月7日金曜日

JAPANDI-NA展

新年なので何か美しいものを見よう、と表参道のニコライ バーグマンへ。お目当てはバーグマンと奈良祐希のセッション展「JAPANDI-NA(ジャパンディーエヌエー)」。

「Japandi」という言葉は最近知った。Japanese(和)とScandi(北欧風)をミックスした造語で、それぞれの持つミニマリズム、機能性、自然素材、そして温かみといった要素を融合させたインテリアデザインを指すらしい。海外で先にブームになり、この言葉自体が日本に入ってきたのはここ1、2年のことだが、その前から東京のラグジュアリーホテルの客室内装には、近年すでにそういうコンセプトが増えていたと思う。

展覧会のタイトルはJapandiとDNAの掛詞。でも「北欧と日本の融合」などという言葉では表しきれない、個性ある二人のアーティストの仕事が見事にひとつに昇華した美しい作品の数々!


金沢の大樋焼窯元に生まれた奈良は、陶芸家であると同時に建築家。陶芸の制作にも3D CADを使うなどその手法も作品も独特。今回展示されている「Bone Flowers」というシリーズは、板状の白磁を重ね合わせて花を表現したもの。つまり白い花器でありそれ自体が花でもある奈良の作品に、バーグマンの色鮮やかな生花が合わさってひとつになる。時間と共に変化していくはずの生花もずっとその姿で留まっていそうな完成度。


どちらかが主張しすぎることなく、お互いの作品へのリスペクトが感じられる絶妙なハーモニーだった。

美しいものに満ちた一年となりますように。


2021年11月20日土曜日

常滑やきもの散歩道

焼き物で有名な常滑へ。名古屋から特急で30分。

常滑は「日本六古窯」のひとつで、焼き物の生産は平安時代末期から1000年近くのとてつもなく長い歴史を持つ。

観光の中心は昭和初期に最も栄えた窯業地域一帯で、「やきもの散歩道」と呼ばれている。当時の煙突や登り窯などの遺構が残り、現在も活動している作家の工房やショップも多い。


細い路地が入り組んだ町は迷路のよう。ところどころに番号が書かれた看板が設置され、観光客は皆、観光協会が作った同じマップを手にし、看板と見比べながら歩いている。最近、紙の地図を頼りに歩く人がこんなにたくさんいるのを見たことがないが、そうしないと本当に迷う。

迷路は絵になる風景に溢れている。

人気の写真スポットは「土管坂」。壁は明治時代の土管と昭和初期の焼酎瓶で覆われている。壁が崩れるのを防ぐためだそうで、路面には土管焼成時に使った捨て輪の廃材が滑り止めの役割をしている。この地域には同じような造りの狭い急坂が多い。お年寄りには少し大変そう。地元の人は慣れているのだろうけれど、ゆっくり慎重に歩いていた。

土管坂の近くの路面に、子供たちがカラフルなチョークで描いた絵が。はるか記憶の彼方にあったものを引き出してもらった。こんな遊び、最近目にしたことがなくてすっかり忘れていた。


更に足を延ばして「とこなめ陶の森資料館」にも行ってみる。2021年10月にリニューアルオープンしたばかりの明るく広い展示室。常滑焼の中世からの歴史が、実際の製品や生産用具と共に展示されている。フランク・ロイド・ライトが帝国ホテルの建築のためにリクエストした黄色がかったレンガも、ここ常滑で生産されたと知った。


常滑には陶器づくり体験ができる工房もあるし、色々な作家の作品を見て買物もできる。無目的に散策してノスタルジックな雰囲気にひたるだけでも十分楽しい。天気のいい日に歩きやすい靴で!