2018年5月31日木曜日

ザ・リッツ・カールトン・シンガポールでアート鑑賞

アートに囲まれたホテルステイは楽しい。

シンガポールのアートホテルと言えば、作品数においてザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポールは他の追随を許さない。4,200点にも上るそのモダンアートのコレクションは、シンガポールはもちろん、東南アジアでもトップクラスとされる。

ロビーを入るとまず、天井のフランク・ステラの彫刻が目に入る。

左右のラウンジとレストランの壁には、ガラスアーティストのデイル・チフーリの作品が。ラウンジは彼の名前を取ってチフーリ・ラウンジと呼ばれる。


他にもヘンリー・ムーアのドローイングや、デヴィッド・ホックニーのリトグラフなど、興味深い作品がたくさんある。スタッフに言うとホテル内のアートガイドブックをくれる。3フロアに渡って展示された作品のマップと解説が記されており、わかりやすい。スタッフにアートツアーを依頼することもできるし、ガイドブックを見てセルフツアーをすることもできる。


美術館に行く時間がない忙しい滞在でも、このホテルなら、アートと、シンガポールらしい風景を楽しめる。

Parkview Museum Singapore

シンガポールのParkview Museumは、知る人ぞ知る必見のアートスポット。

オーナーは、アジア有数のコンテンポラリーアートコレクションを所有するファミリー。北京にある同じ名前の美術館とそれに隣接するホテルにも、コレクションの一部(といってもかなりの数)が展示されている。

シンガポールの美術館はブギス地区にあり、2017年春にオープンした。企画展は年に3かいくらいのペースで入れ替わる。今は「Challenging Beauty」と題し、イタリアの現代アート作品を展示している(2018年8月19日まで)。

Roberto Barni 「Clandestini」

30名近いアーティストたちの作品を通じ、第二次大戦後のアルテ・ポーヴェラ、70年代のトランスアバンギャルドのムーブメントを経て、若い世代のアーティストたちが新ロマン主義や実存主義の影響を背景に現代を表現する、イタリア美術の流れを追う。どこかシュールなタッチの作品が多いのは、キュレーションだけでなくオーナーの趣味が反映されているのだろう。

Paolo Grassino「The God is Not in Me」

もはや彫刻も3Dプリンターで作る時代。時代とともに道具も変わるのは当然の流れ。
Carla Mattii 「ST#7」
この美術館は毎日オープンしており、寛大なことに入場無料。しかしその作品とキュレーションのクオリティは、シンガポールの有料の美術館に勝っているかもしれない。

入っている建物も見逃せない。Parkview Squareというビルは、外観だけでなく内部にもアールデコの装飾をふんだんに施したとても贅沢な建築物。歴史的建物かと思いきや、2002年完成だそう。


1階にあるバー「Atlas」はWorld's 50 Best Barsにもランクインしている人気のスポット。この店のシンボル「ジン・タワー」には天井近くまでジンのボトルが並び、もはやアートの域(以前はワインタワーだったらしい)。ランチも楽しめるので、明るい昼間の時間帯に行って鑑賞することをお勧めする。



2018年5月2日水曜日

豊島美術館

「とにかく、行けばわかるから。」

瀬戸内海の豊島(てしま)の話をしていたとき、ある人が言った。
あの辺りの島の中で、最もアートを感じられる場所だ、と。

岡山の宇野港から豊島行きのフェリーに乗る。先に出た直島行きのフェリーに比べて乗客の数はだいぶ少ないが、共通していたのは、外国人観光客がほとんどだったこと。10年ほど前に直島に来たときは日本人ばかりだったと記憶しているが、いまや直島をはじめとする瀬戸内海の島々は、「art islands」としての地位を確立し、世界中からアートファンが訪れる。

約20分で豊島に着くと、そんなインターナショナルさはかけらも感じさせない、のんびりした田舎の島だった。意外とアップダウンがある道を、レンタサイクルの外国人たちが走っている以外は。

田園風景が続く通り沿いを進むと、「美術館前」のバス停看板が突然現れ、しかし、どこにも建物が見えない。少し回り込むと、緑の中に浮かぶ白い曲線の建物がふたつ。


豊島美術館は、建物の中に作品が展示されているのではなく、建物と空間そのものが作品になっている。内藤礼の「母型」という作品で、建築は西沢立衛。天井が空いているほうがアートスペースで、もう一つはカフェ&ショップの建物だった。

アートスペースに入る前に靴を脱ぎ、係の人から説明を受ける。中では写真撮影禁止、話し声は控えめに。

そして、繭玉のような建物に入る。
上から下まで白い空間と、天井に空いた二つの大きな穴。
ひんやりしたコンクリートの床には、水がどこからか湧き出てきて、傾斜に沿って、まるで生きたトカゲのように細くゆっくり走っていく。

白い建物と空と光が一体化した中で、言葉で表現するのが難しい幻想と感動に包まれる。

ああ、なるほど。
これは来てみないとわからない。

宗教に依らない安らぎの空間とでも言おうか。
他の鑑賞者たちも皆、静かに、うっとりしたように、その場を楽しんでいる。

普段、美術館が大した理由もなく写真撮影を禁じるのは好きではないが、豊島美術館が写真撮影をさせないことは納得できる。誰でもこの美しい瞬間をカメラに収めたいと思うはずだが、撮ることに気を取られてしまったら、この空間と鑑賞者との繋がりはきっと薄れる(シャッター音があちこちで鳴り響くことが好ましくないことも当然として)。

白の余韻を背負ったまま美術館を後にすると、隣の棚田では、黄色の菜の花が満開。


豊島の良さは、とにかく、行けばわかる。
行かないと、わからない。


2018年4月1日日曜日

北京・今日美術館の前で

先日、北京滞在中に「今日美術館(Today Art Museum)」を通った。辺りはデザイン関係のショップやオフィス、ギャラリーなどが集まり、文化的な香りがする一角だった。

残念ながらちょうど展示のはざまだったため、館内には入らなかったが、建物の前にYue Minjunの彫刻が。

何がそんなに可笑しいんだろうと思うくらい爆笑している人々。こっちまで笑ってしまう。

アートを超えて、もはやエンターテイメント。




2018年3月17日土曜日

アートがぎっしり!

北京のホテル・エクラ(Hotel Éclat Beijing)は、稀にみるアートコレクションが溢れんばかりに展示されていて、アートファンには楽しくてたまらない。

ホテルはセントラルビジネスディストリクトのParkview Greenというコンプレックス内にある。ガラス張りの建物の周囲に個性的な彫刻が並んでいるので、すぐわかる。


ロビーに入ると、ゆっくり回転し続けるカラフルな仏像が目に入り、それをダリや曾梵志(Zeng Fanzhi)が無造作に囲む。そのバラエティ感とパワー溢れる作品群にちょっと引いてしまうかもしれないが、ここはとにかく、アート・ワールドへの入り口として突破すべし。


宿泊客だけがアクセスできる客室フロアは、壁という壁、そして客室を含むあらゆる空間に美術館レベルのアートが所せましと、しかし上手なキュレーションで展示されている。中国コンテンポラリーをテーマにしたフロアでは、張曉剛(Zhang Xiaogang)、岳敏君(Yue Minjun)など超有名どころの大型作品を含む、ユニークなコレクションが見られる。


この中にオーナーのWong氏が描きこまれている

自転車がテーマのフロアでは、フェンディ、グッチ、エルメスなどハイブランドの見たことがない自転車が。もちろん本物。宿泊客は実際にそれらを借りて乗ることもできる。(北京の町で上手に乗りこなせる自信があるなら。)

Gucciの自転車!

ホテルのスタッフにツアーを依頼すれば、ホテル中のアートを詳しく説明してもらいながら鑑賞できる。作品によっては聞いて初めてわかるストーリーがあったり、ワンフロア廻るだけでもかなり見応えがあるので、是非、鑑賞のための時間をしっかり取っておきたい。

このホテルを作ったオーナーのGeorge Wong氏は、中国有数のアートコレクター。ダリのスペイン国外で最大のコレクションも持つ。サザビーズやクリスティーズのオークションカタログを見ては「これと、これと、これ」と印をつけ、アートの「大人買い」をする人だったそう。ある人が彼にアート蒐集の戦略を尋ねたところ、「そんなもん、無い!」と答えたとか。しかしそれを個人的趣味で終わらせることなく、アートが多くの人の目に触れる場所と機会を作ることに心を注いだ。残念ながらWong氏は昨年12月に急逝し、今はスタッフが彼のスピリットを継いで展示作品の選定をしている。

同じ建物内にある北京最大のショッピングモールは、さながらアートのテーマパーク。あちこちにあるアートを探して散策するのも楽しいし、写真を撮りながらショッピングしている人も多い。アートの周りに人々が集える場所を作りたかったWong氏の思いが実現している。

10階には企画展示をしている美術館があり、ここも入場無料。「Bridging Asia-Europe」と題したシリーズ企画は、アジアとヨーロッパの文化をつなごうというWong氏の思いを反映したもので、中国と中欧のアーティストのダイナミックなペインティングが展示されていた。この企画展は当初の予定では2017年12月10日までだったが、直前のWong氏の死を受けて延長されたものと思われる。


もう一つ特筆すべきは、空気。この建物には独自の空気清浄システムがあり、いつでもきれいな空気が吸える。ちょっと先の風景も霞むひどい大気汚染に悩む北京ではこれは大きな魅力で、いい空気を求めて週末に泊まりに来る地元の常連も多い。実際、わざわざ外に出ずとも、ホテルとモールのアートを鑑賞するだけでかなり満足度は高いので、きれいな空気を吸いながらホテル内で過ごすのも悪くない。

街に出ないことがむしろ贅沢に感じた北京滞在だった。

2017年12月22日金曜日

クライス5

チューリヒの「クライス・フュンフ(Kreis 5)」地区は、工業地域が再開発されたトレンドスポットとして知られる。

冬の夜、カラフルにライトアップされた列車の高架下。「Viaduct」と呼ばれるここには、ショップやレストラン、生鮮食品のマーケットなどが並ぶ。

東京のガード下とはかなり違うお洒落な店内で、地元の人々がお酒や食事を楽しんでいた。


質の高いアートも集まる。ビールメーカーのレーベンブロイの元醸造所の建物には、コンテンポラリーのMigros Museumや、世界トップクラスのギャラリーHauser & Wirthなどが入居する。 Hauser & Wirthは見るだけでも充実感があった。


チューリヒで2,3日過ごすなら、覚えておきたい場所。


2017年12月21日木曜日

ジャコメッティのバラ色の天井画

チューリヒの警察署は、実は隠れた必見のアートスポット。

扉を入ってすぐの玄関ホールは「ジャコメッティ・ホール」と呼ばれる。そこはアーチ形の天井がバラ色に彩られた、美しく夢のような空間がある。

(内部は撮影禁止なので、写真はこのサイトでご覧ください。https://www.zuerich.com/en/visit/attractions/giacometti-hall )

天井と壁は花の絵で埋め尽くされ、幻想的にライトアップされている。2か所の壁には、労働者の絵と、天文観測をする人の絵がある。

描いたのはアウグスト・ジャコメッティ。針金のような彫刻で知られるアルベルト・ジャコメッティの父親の従弟に当たる。

この天井画と壁画は、元は孤児院だった建物を、市の警察の本部に改修した際に制作されたというから、驚く。元々あった天井画を警察署が残したのではないのだ。警察というイメージからは程遠い、ファンタジックで、一歩入れば誰もがうっとりとたたずむような空間が、警察の建物のために作られた。そこにどういう意図があったのかはわからないが、とにかくここは見に行く価値がある。

アウグストはジャコメッティ・ファミリーの中でもチューリヒにゆかりが深い。彼の作品はKunsthaus Zurich(チューリヒ美術館)でも見られるし、また、グロスミュンスターなど市内の教会にもステンドグラス作品が残る。

でも、この玄関ホールの感動は、他にはない。必見。