2017年2月6日月曜日

ガラスの森 朝と夜?

銀座通りのほぼ両端で開催されている、ガラスと光をテーマにした二つのアート展が、朝と夜の対比のようでもあるのが面白い。



一つは、資生堂ギャラリーで開催中の「吉岡徳仁 スペクトル」展。平日でも朝11時のオープンとともに人が次々に入る人気の高さ。

ギャラリー内には霧が薄くかかり、奥にはガラスのプリズムが壁面にダイヤモンドのように並んでいる。そのプリズムに反射した光が、虹色の模様をフロア中に映し出している。

ガラスのベンチが二つ置かれただけのフロアで、朝もやに煙る、柔らかい日の光が差し始めたガラスの森のような空間を体験する。




資生堂ギャラリーを出て、そのまま京橋方面にまっすぐ歩いていくと、ポーラ ミュージアム アネックスがある。「あなたに続く森 青木美歌 展」を開催中。

こちらは、菌類や細胞をモチーフにしたガラスのオブジェと、その中にとどまる光が鑑賞の対象。




こちらは対照的に、月明りに照らされたガラスの森のようだと思った。


2017年2月5日日曜日

「クインテットⅢ 五つ星の作家たち」展

新宿の損保ジャパン日本興亜美術館(長い!)で開催中の「クインテットⅢ 五つ星の作家たち」展を見た。

40代の女性アーティスト5人の新作・近作を集めた合同展。「自然」をテーマに、描き方も作風もそれぞれだが、統一感ある秩序と、色彩の美しさが印象的な展示。

蜜蝋を使って赤を描き続ける川城夏未氏。作品が並んだ様はどことなくロスコっぽいが、近づいてみると様々なストーリーが描かれている。川城氏は赤にこだわっているのかと思ったら、こだわっているのは蜜蝋のほうで、相性が最も良かったのが赤だったということらしい。



江戸川の濁った水も、こんな素敵な色に変身!橋本トモコ氏の作品。こういう江戸川なら眺めていたいと思う。



木村佳代子氏の絵は一見、メイプルソープを連想させるが、落ち着いたトーンの背景に華やかに浮かび上がる花にはリアルな質感とファンタジーがあり、女性らしい「花の肖像画」だと思った。


あと二人は、パレスホテル東京にも作品がある横溝美由紀氏と、森に住みその木々を描いた堀由樹子氏。心地よい展示だった。


2016年12月23日金曜日

沖縄の現代アート

那覇の沖縄県立美術館は、2007年にオープンした県内初の公立美術館。正式には「沖縄県立博物館・美術館」といい、中で博物館と美術館に分かれている。美術館は沖縄の近現代アートを展示する。

東京で沖縄アートに触れる機会はあまりないため、ほとんど何の予備知識も持たずに訪れた。

建物はグスク(城)をイメージした、石の要塞のような外観。


中は明るく、外光を取り入れた展示室もある。


企画展の「真喜志 勉 展 ”アンビバレント”」を開催中だった。1941年生まれで多摩美術大学を出て、その後アメリカにも渡った真喜志の作品は、アメリカのポップアートに大きな影響を受けており、コラージュやミクストメディアを多用した作風は、一見、日本人ぽくない。「まきし つとむ」という本名から「Tom Max」と名乗り、絵にもそうサインしている。


しかし、アメリカに心酔していたわけではない。彼の作品のメッセージはパッと見てわかる単純なものばかりではないが、一貫して戦争や基地問題をテーマにしている。2015年に亡くなる前の晩年まで、米軍やオスプレイを題材に思想を込めた作品を制作していた。ただ、その表現は怒りや抗議をあからさまに出すのではなく、静かに、時にはシニカルに伝える。

コレクション展は「沖縄美術の流れ」と称し、沖縄美術を戦前、戦後、復帰後、そして現代に分けて展示。特に戦後の作品は、占領という、本土が経験しなかった特有の背景での人々の生活や思いを扱ったものが多い。実際、作品を見て初めて考えることもある。

前述の真喜志氏が、会場で見た生前のインタビュー映像で、沖縄の日差しは強いから、その分落ちる影が暗くなる、ということを言っていた。

ここで鑑賞したアートは、そういう光と影の存在を実感させてくれる。でも、後味はネガティブではない。



2016年12月18日日曜日

クリスマス in マラガ

ヨーロッパの他の都市の例にもれず、マラガもクリスマスに向けたライトアップで盛り上がる。南にあるマラガでは、そもそも12月でも日が長いのに加え、メインのショッピング街のマルケス・デ・ラリオス通りのライトアップが、人々の夜更かしに拍車をかけている様子。通りには大道芸人が出て、夜遅くまでクリスマスショッピングの家族連れで賑わう。

近くの文化施設「Ateneo de Malaga」では、12月中は18時から21時の間だけ、地元フォトグラファーのグループ展を開催。この時間にふらっと入って見られるアートがある街はお洒落だと思う。

大聖堂

前述のマルケス・デ・ラリオス通りは、18時半の点灯時には大勢の人が見物に集まる。何も知らずにたまたま通りかかった私は、あまりの大混雑に道を渡ることさえできず、仕方がないのでそのまましばらく付き合うことに。点灯の瞬間、ワム!の「ラスト・クリスマス」(王道)がかかると、歓声が上がり大盛り上がり。ラテン系の地元の人々は音楽に合わせて体を揺らしながら5分ほどの光のショーを観賞していた。正直なところ、ショー自体は割とシンプル。でも人々のクリスマスに対する熱い思いと地元愛が伝わってきて、楽しい気持ちになった。

点灯時、大混雑のマルケス・デ・ラリオス通り入り口

やはり、クリスマスの時期の街は美しい。Merry Christmas!




2016年12月17日土曜日

マラガの必見アートスポット ④カルメン・ティッセン美術館

マラガの街の魅力のひとつは、ほとんどの見どころが徒歩で廻れる範囲に集まっていること。街歩きを楽しみながら、一日に数軒の美術館を巡ることができる。

カルメン・ティッセン美術館(Museo Carmen Thyssen Malaga)は、マラガで最も賑わうショッピング街、マルケス・デ・ラリオス通りの突き当り、コンスティトゥシオン広場からすぐのところにある。マドリッドのティッセン・ボルネミッサ美術館のいわば「スピンオフ」として2011年にオープンした。


一言でいうと、ティッセン・ボルネミッサ男爵の妻でミス・スペインだったカルメンが、夫の影響で始めたアートコレクションの成果(の一部)が、ここに収まっている。

収蔵品の中核は19世紀のスペイン絵画、特にマラガのあるアンダルシアがフォーカスされている。


19世紀後半のスペインの人々の生活や風土を精緻な筆致で描いた作品の数々が印象的。特に風景画は、美しさだけでなく、今とは異なっているはずの100年以上前の景色のリアルさが、その土地を旅しているような気持ちにさえさせる。


コンテンポラリーなロビー部分

北のビルバオがグッゲンハイム美術館一軒だけで大きく変革したのに対し、南のマラガは、ピカソ、ポンピドゥー、ロシア国立美術館、カルメン・ティッセンと、中世からコンテンポラリーまで様々なコレクションを提示することで、総合アート・デスティネーションを目指している。ポンピドゥーは5年間の期限付きだが、それを過ぎてもマラガが面白いアート都市として発展し続けることに期待!

2016年12月16日金曜日

マラガの必見アートスポット ③壁画とガラス

マラガの細い路地を歩いていると、カラフルな壁画に彩られた教会に出会うことがある。


18世紀頃の壁画が上から漆喰で塗りつぶされていたのが、その後発見され、近年の修復作業で再び姿を表したものだそう。市内にはいくつかこういう壁画がある。

ガラス・クリスタル・ミュージアム(Museo del Vidrio y Cristal de Malaga) にも同じような壁画が。


このミュージアムは18世紀の館を修復し、3000点以上の個人コレクションを所蔵する。サン・フェリーペ・ネリという職人地区にある。

その貴重なコレクションのオーナー自らがガイドとなって、館内を案内してくれるのも珍しい。オーナーのガラス芸術の伝承に対する情熱と愛情が伝わってくる。


ウィリアム・モリスのステンドグラスもコレクションのひとつ。

そして再び街へ。現代の壁画は、ストリート・アートと呼ばれる。

マラガの必見アートスポット ②Museum Jorge Rando

ホルヘ・ランド(Jorge Rando)というマラガ生まれのアーティストのことは、おそらく日本ではあまり知られていない。

彼の個人美術館は、観光の中心地から少し離れた、市場や人々の生活があるCruz del Molinillo地区にある。元は修道院だった建物を改装し、2014年5月にオープンした。



1941年生まれのランド氏は新表現主義の代表的アーティスト。20歳でドイツに渡り、約20年間を過ごしたため、ドイツの哲学と表現主義に強い影響を受けている。時には鮮やかな、時には暗い色彩をぶつけるように描いた抽象画や人物画が多い。


この時はランド氏の作品と、スペインのナヴァラ州出身のアーティストCarlos Ciriza氏の彫刻を共同展示していた。

美術館では作品の展示以外に、エデュケーションプログラム、コンサート、トーク、上映会などの文化活動にも力を入れる。ここにあるアトリエで、ランド氏が実際に制作していることも時々あるそう。


せっかくマラガまで行ったら、ピカソ以外のマラガ生まれのアーティストを一人くらい知ってから帰りたい。